歯の寿命を延ばす歯科用マイクロスコープとは

眼科や脳神経外科の手術に用いられていた、手術用の顕微鏡を歯科用に転用したのが、歯科用マイクロスコープです。
この歯科用マイクロスコープには、歯の寿命を延ばす事が出来ると言われています。
その理由としてまず挙げられるのが、肉眼でしっかりと細部まで見る事が出来るという事です。


これにより、治療の成功率が格段にアップする事から、歯の寿命を延ばす事に繋がるのです。



また、治療を行っても腫れや痛みがぶり返すという経験を持つ方もいるでしょう。


こうした方でも、歯科用マイクロスコープを使えば、口内を隅々までチェックできるので、腫れや痛みをぶり返させている原因を見つける事が可能です。

そうして原因を取り除けば、ぶり返す腫れや痛みから解放されます。


さらに、マイクロスコープを使った治療では、歯の削るべき部分と削らなくても良い部分が一目瞭然です。しかも歯を削る際に使用される器具も、通常の1/3から1/10サイズと、とても小さくなっています。
その為、削るべき部分だけをピンポイントで削れるとあって、健康的な歯を削る必要がなくなります。これだけメリットが豊富な治療方法でありながらも、治療が保険の適応外になる事や、導入に費用がかかるという事で導入済みのクリニックはそう多くはありません。



そこで、これから歯科を選ぶ際には、マイクロスコープを導入しているかどうかを、事前にチェックしましょう。



それにより、歯の寿命が大きく変わる事でしょう。